前へ
次へ

魚の栄養をまるごと食べるポイント

最近は、食生活の欧米化で、魚を主菜とした日本食の食卓に変化が見られるようになり、増えてしまっているのは脂質異常症などの生活習慣病です。
こうした食事情からも、改めて見直されているのが、青魚がもつ栄養素です。
魚の栄養を取るには、果たしてどんな調理法が適しているのか、知ることも大切です。
魚の脂は、脂溶性のビタミンも豊富ですが、ビタミンは加熱によって酸化したり、流れ出て失われがちです。
効率良く取るには、鮮度のいい魚を刺身やカルパッチョなどの生で食べるのがおすすめで、焼き魚にしても脂を落とさないようにホイル焼きにしたり、煮魚は煮汁を煮凝りにするだけで栄養をまるごと取り入れられます。
栄養価が青魚の中ではトップクラスといわれるのが、鰤です。
たんぱく質やビタミン、ミネラルが取れる他、DHAやEPAも豊富です。
また、部位によって様々な味わいを楽しめるのは鮪で、赤身は高たんぱくで低脂肪、鉄分も豊富で、中トロや大トロにはDHAやEPAが含まれ、刺身はもちろん、兜焼き、目玉部分までも余すことなく食べられます。

Page Top