前へ
次へ

美味しく食べるためにも学ぶことが大事

自然豊かで、新鮮な食材に溢れる各地、様々な食育推進の計画が持ち上がっています。
健康寿命を延ば

more

食材の選び方や固さは幼児や介護に精通する

なめらかにすり潰した状態のレシピは、離乳食のみならず、介護食にも生かされています。
胃腸への負

more

五感で味わえる食育体験が親子に人気

食育の目的も含め、最近では親子で楽しめる料理教室も開講されていますが、飲食店でも同じ催しが開かれてい

more

幼児期に必要な食育指導を担う専門家

1歳から6歳までの幼児期は、体の成長のみならず、味覚や脳の発達、さらには食習慣を身に付けるにも重要な時期を過ごします。
好き嫌いや、遊び食べ、小食などの問題も抱えている場合も多く、近年では幼児食インストラクターが問題解決に導く活躍を担っています。
離乳食に比べて、問題解決できる場所、専門家が少ないのも事実です。
幼児期の発達や発育には、手と口の協調運動が必要であったり、移行期の生活リズムに合わせたレシピを知ることで、朝昼晩にどのような食事を作ればよいのか、理解できます。
例えば、手づかみ食べの特徴は、手でつかむ・口まで運ぶ・食べるの3ステップです。
口の中に指を入れて食べ物を押し込んだり、引きちぎったりしながら、次のステップでは唇で食べ物を支えられるようになり、前歯で噛んで食べることを覚えるようになります。
前歯を使うことで、固さを覚えたり、食感の違いによって噛む力を変えることもできるようになります。
そのためにも、どのような料理を作るべきなのか、専門家への相談が役立ちます。

アウトドアで使いたくなる調理器具

発行技術を駆使した生味噌を通販でお届け

Page Top