前へ
次へ

缶詰だから手軽に摂取できて健康になれる

食は、健康や美容など、生命の源です。
中でも、体に良いと注目を集めているスーパーフードには魚が挙げられています。
もちろん、新鮮で水揚げされたばかりの魚を食べるのもありですが、缶詰も最近話題性を集めています。
加工食品ですが、実は、鮮魚と同じくらいの栄養が含まれており、その理由は、缶に入れて真空状態で加熱しているためです。
普通に調理するよりも栄養の損失が少なく、使わない手はないとも言われています。
中でも、水煮缶は下処理済みの上、骨まで柔らかくなっていて便利ですし、缶詰の汁には旨味や栄養素も溶け込まれているので、アレンジしてしっかり栄養を取り入れるのがポイントです。
糖尿病や高血圧のリスクを下げ、長寿の高齢者が多い地域では、特にサバの水煮缶を頻繁に食べており、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸は、血液をサラサラに保つ働きで知られています。
血栓を遠ざけ、スムーズな流れをキープでき、肉よりも低カロリーだから生活習慣病の見直しにも役立つ食品です。

Page Top